屋根瓦の固定義務化へ

「国交省は台風や地震で住宅の屋根瓦が落下しないよう、
新築時は必ず1枚ずつ全て固定するよう義務化する方針を固めた。」

この記事を読んで、驚かれた方々も多いと思う。

「そもそも、今まで固定してなかったの?」

ということである。

「今後は、既存住宅についても費用面の改修支援を検討する」とのことだが、
当然ながら、新築住宅はより強固に作られており、既存住宅の被害が多いのは明らかである。

順番が違うのではないかという気がするが。。。

昨今の自然災害の猛威には驚くばかりだが、物事にタラレバはない。

一刻も早く、皆様の家屋が「安心して避難できる場所」になる得るよう、
我々も含めて歩みを止めないことが大切なことだと思う。