3.11

忘れてはならない日が

今年もやってきた。

 

はや、6年の時がたった

東日本大震災である。

 

 

津波以外の家屋被害で

亡くなられた方々に対し、

不動産業界の我々は何をすべきだろうか。

 

いつも考えている。

 

 

実は、本日3.11は

私の誕生日である。

 

 

何か運命めいた、

私の使命を思う。

 

 

仲介や販売などで

皆様のお住まいをご提案する

パートナーとして

誇れる仕事をしなければと

初心に返る日である。

 

 

また、いつもご心配、ご協力いただいている

皆様のおかげであり、支えてくれる家族のおかげ

ということを心から思う日である。

 

一生懸命に使命感を

持って仕事をしなければならない。

 

私にとって3・11は

そんな大切な日である。

 

改めて被害に遭われた方々にご冥福をお祈りすると共に

この思いを、形に変えていかなければと思うのである。