免許更新

桜がとても綺麗である。

すっかり春らしい季節となり、心がそわそわするのだが、
こういうときこそ、気を引き締めてゆっくりと行動したいものである。

さて、先日運転免許の更新に行ってきた。

30分間の講習は、語りの熟練された講師の方が大変流暢にお話され、
あらためて勉強させていただいた。

その中で、

「だろう運転」 ではなく、
「かもしれない運転」をこころがけるように、というお話があった。

決して、色々なことを「〜〜のはずだ」とか、
「おそらくわかっているだろう。。。」といった過信は禁物ということである。

これは、我々の仕事にもつながることで、ここからトラブルになることも多い。

「わざわざ言わなくてもお相手の方もここはわかっていらっしゃるだろう。。。」
などと、勝手に決めつけてしまうことが後々に響くということである。

先日読んだ本にも、
「怒ったり、がっかりして落ち込んだり」といった感情は、

「相手や状況に勝手に自分自身が期待しているから」
ということが一番の原因らしい。

単にトラブルになるとか、ならないとかという問題ではない。

お客様や業者様がわかっておられてもそうでなくても、当然私自身も
「こうだろう・・・」と決めつけることなく、
しっかりとしたご説明と確認をしながら、丁寧な仕事をしていかねばならないのである。

あらためて有意義な更新であった。

しかし自分自身のことで認めたくない私は、
このとまらない鼻水とくしゃみは、決して花粉症ではなく、火山灰のせいだと決めつけて、このブログを更新することにする。

季節の変わり目、皆様くれぐれもご自愛下さい。