ジュウオウジャー

またまたプライベートの話。

 

先日、家の近くのJRA(馬)の施設で

祭り的なものが有り、なんと「ジュウオウジャー」が来るとのこと。

 

文字は読めないが、チラシに写真を発見した3歳の息子が、ハサミで切り取って大事に持ってきた。。。

 

いろいろ覚悟して、行かねばならない状態となったわけで。。。

 

上のおねえちゃんは、「いかん」と美容室へ。。。

付きそう嫁。

 

気温35度の炎天下である。

 

ショーは11:40分開始なのだが、30分前なのに、かなりの混雑。

 

我々も、何とか抱っこしなくていい場所を確保して、待っていた。

 

開始まで、後5分と迫った時、息子

 

 

 

 

「おしっこでる。。。」

 

 

 

「・・・・」

 

息子

「でるってば〜」

 

 

周辺で並んでいる、同じ境遇の親たちも

顔を見合わせて、苦笑い。。。

 

流石に漏らせとはいえず、人混みをかき分け撤退。。。

我々のいたはずの隙間は、すぐ埋まった・・・

 

 

トイレを済ませ、日よけのない、ものすごい後ろから、肩車にて

ショーを見ることとなった。。。

 

 

尋常じゃないくらいの汗が目に入り、フラフラの状態での肩車立ち見。。。

 

息子は興奮して、暴れまくる。。。

 

肩の激痛と熱中症寸前の私。

 

思わず、叫びそうになる。

 

「助けてくれ! ジュウオウジャ〜〜〜!」

 

この父の姿を

息子は、はたして覚えていてくれるんだろうか。。。